住宅ローン固定金利と変動金利

住宅ローンの固定金利と変動金利を比較

家族
住宅ローンの違いといえばやっぱり金利が注目されます。

 

他の銀行やローン会社と比べて安いかどうかも重要な判断基準ですが、金利そのものがずっと変わらない(固定金利)ものか、半年や1年ごとに金利が見直される(変動金利)ものなのかも大切です。

 

住宅ローンは、とても大きな金額を返していくものですから、ほんの僅かな金利差でも総返済額に大きな影響を与えます。

 

同じ商品で金利が安いかどうかを比較するのは簡単ですが、難しいのは固定金利と変動金利どちらが得かということです。
日銀のゼロ金利政策が解除されたものの、依然として非常に低い金利水準が続いている現在、多くの方が変動金利タイプの住宅ローンを選んでいるというのが現状です。

 

現在の金利は底値近いと考えられています(つまり、あがることはあってもこれ以上下がることはないと考えている人が多いんですね。)自然な流れかもしれません。

 

固定金利型の住宅ローンの人気は変動金利型におされ気味ですが、長期固定金利ならではの安定性の高さはやはり見逃せません。

 

また当初固定タイプのものなどは5年(または10年)の金利の見直し期間までは、非常にお得な金利が適用されています、その間に貯金などをしておき、金利見直しの前に余裕があれば繰上げ返済を…と考える方もいるかもしれません。

 

固定金利と変動金利は双方にメリットとデメリットがあり、どちらが良いか悪いかとは言えません。

 

また現在ではそれぞれのメリットをあわせて損をしにくくしているミックスローンというものも登場しています。

 

住宅ローンを検討されている方のライフプランによっても選択肢が変わることもあるでしょう(お子さんがいるかどうか、またはその予定など)。

 

ただ、現在の最低水準に近い金利のうちに長期固定金利型で契約しよう…または、借り替えてしまおうと考えている方が多いのも確かなようです。

 

当初は現在の低金利を最大限に生かす変動タイプを選んで、それから金利上昇局面では固定タイプに借り換えようと考えている方は常に金利の動向に注目しておく必要があります。

住宅ローンランキング!【2017年3月更新おすすめ!】


HOME 新生銀行インタビュー 住信SBIインタビュー 低金利ランキング