住宅ローン借り換えランキング

住宅ローン借り換え比較ランキング【2018年8月更新】

「住宅ローン借り換えはランキング上位の銀行を選べば大丈夫?」「住宅ローン借り換えの申し込みをしたいけれど変な銀行を選んでないか心配で…損しない銀行は?」住宅ローン借り換えの銀行選びでお悩みの方にまずは当サイトの結論をご紹介します。当サイトの住宅ローン借り換えランキングの中から一番におすすめするのが「じぶん銀行住宅ローン」です。じぶん銀行はネット銀行だから全国どこからでも利用できる。低金利と充実したサービスで借り換えメリットも大きくなります。特に変動金利や短期固定金利で住宅ローン借り換えをしたい方に最適です。すでに多くの方が利用している利用実績の多さも安心して申込みできる理由のひとつ。まずは仮審査やシミュレーションを試してみることをおすすめします。

 

サムネイル
  • 申し込みから契約までネット完結
  • 来店不要だから時間の成約無し
  • 一般団信&がん保障特約が無料
  • がんと診断でローン残高が2分の1に
  • 一部繰上返済手数料無料
  • じぶん銀行口座が無くても申し込み可能
  • いろいろお得な6つの0円で選ばれる
矢印 申し込み


サムネイル
  • 繰り上げ返済手数料無料・1円から
  • 最安水準の低金利・支払い総額を削減
  • 団信生命保険料無料・全疾病保障保険料無料
  • 充実した保障とサービスで高い評価
  • 借り入れまで来店不要
  • コンビニATM利用手数料が月5回まで無料に
スペック 矢印 申し込み


サムネイル
  • フラット35最低金利で手数料も安い
  • 手数料・諸費用が安く返済総額をおさえられる
  • ネットで申し込み完結・来店不要
  • ネット利用繰り上げ返済は10万円~
  • 日本全国どこからでも借りられる
  • 保証料・繰り上げ返済手数料無料
スペック 矢印 申し込み


サムネイル
  • フラット35最低金利を達成
  • スピード審査・安定収入で申し込み可能
  • ARUHIメンバーズクラブがお得
  • 全国に100以上の店舗展開、安心のサポート
  • 7年連続フラット35シェアNo.1
  • フラット35は団信生命保険料は本人負担
スペック 矢印 申し込み


サムネイル
  • 金利諸費用を含めトータルでお得
  • 事務取扱い手数料54,000円~162,000円
  • 団信保険料無料・保証料無料
  • 繰り上げ返済手数料無料・1円から
  • 将来に備えるコントロール返済
  • 6つの手数料0円でお得
スペック 矢印 申し込み


住宅ローン借り換えランキングでおすすめ銀行は?

検討中

住宅ローン借り換えランキングを上手に活用することで銀行選びで失敗することを防止できます。

 

住宅ローン借り換えは金利比較だけではなく、諸費用や繰上げ返済などの手数料、そしてサービスの良さまで考慮して行うべきで、中途半端に選んでしまうと、大きく損をしてしまうこともあるのです。

 

ですから住宅ローン借り換えランキングを積極的に利用して今一番お得な銀行はどれなのか知っておきましょう。

 

変動金利タイプの住宅ローンは金利が優遇される当初数年間は金利が安くその後一定期間が過ぎると一気に金利が高くなります。

 

大きな問題となったアメリカのサブプライムローンも優遇期間が終わり金利が上昇した際に、高くなったローン返済額を支払えなくなり、返済不能になったことがきっかけとなっています。

 

また、日本は低金利の状態が続いてきましたが、アベノミクスやトランプ大統領の誕生によってじわじわと金利が上昇しはじめていますし、以前の金利が高い時代に住宅ローンを借りた方にとっては今が借り換えの最後のチャンスになるかもしれません。

 

世界的な金融不安、不景気の影響もあり長期金利は下がっていく傾向にありしたが前述の通りその流れも変わってきています。そこで注目されているのが住宅ローン借り換えです。

 

今現在の水準よりも高い金利の住宅ローンを借りている場合、住宅ローン借り換えによって条件によってはかなり返済総額や月々の返済額を減額することが可能になるのです。

 

景気が悪くなると予想されている昨今、テレビなどのメディアでもそれに対抗するための重要な方法として住宅ローンの借り換えをしきりに進めているのをみたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

返済負担を減らし、安全に数十年先の完済というゴールを目指すために住宅ローンお借り換えは重要な役割を果たします。

 

目安としては今の水準よりも1%程度高いローンを借りていて、残り期間が10年以上、ローンの残額が1000万円以上ある場合、確実に借り換えで効果がでます。

 

上記の条件は目安ですので金利差が1%以下でも充分に住宅ローン借り換えで得することもあります。特に繰り上げ返済手数料が無料で何円からでも繰り上げ返済できる住信SBIネット銀行の借り換えローンはローンの総額を減らすだけではなく効果的な返済が可能になりますから、より大きな借り換え効果が期待できます

住宅ローン借り換えで必要な手数料が安い銀行はどこ?

安い銀行

住宅ローン借り換えの条件をしっかりと守り、金利が安い銀行を選んでも、手数料を含めた諸費用が高い場合には期待したほどの借り換えメリットが得られないことがあります。

 

逆に諸費用がかさんでしまって住宅ローン借り換えで節約できる金額よりも高くなり結果的に損をしてしまったということさえあるのです。

 

住宅ローン借り換えでそんな失敗をしないためにも、事前にしっかりと金利と諸費用を比較し、借り換えシミュレーションを行ってお得な銀行を選ぶ事が大事になります。

 

そんな時間がないという場合には当サイトの住宅ローン借り換えランキングを活用してください。

 

金利だけではなく諸費用もお得な銀行をご紹介しています。

 

それぞれの銀行の住宅ローンの手数料を簡単に比較していきましょう。

 

じぶん銀行住宅ローンの手数料はいくら?

じぶん銀行住宅ローンを借り入れる際に必要な手数料は借入金額×2.16%(税込)です。これは契約の際に支払わなければいけません。

 

なた住宅ローン借り換えの場合には、そのほかにも

 

■抵当権設定登記費用として

  • 登録免許税…借入金額×4/1,000
  • 司法書士報酬・その他費用…60,000~100,000円程度

 

■抵当権抹消登記費用として

  • 登録免許税…不動産(土地・建物)の個数×1,000円
  • 司法書士報酬・その他費用…抵当権設定登記1件抹消につき20,000円程度

等が必要になります。

 

またじぶん銀行住宅ローンは一般団信生命保険の保険料は無料ですから、団信保険料を自分で負担するフラット35などからの借り換えの場合には団信生命保険料の戻しと団信保険料分の費用も浮かせることができるメリットがあります。

 

じぶん銀行住宅ローンの場合契約にかかる事務手数料や登記関連費用、火災保険の保険料なども借入れ金額に含めて申込みすることも可能なため自己資金を用意していない場合でも速やかに借り換えをすすめることもできます。