住宅ローンランキング2016年9月

住宅ローンランキング形式で選ぶメリットとは?

 

住宅ローン選びでお悩みのあなたに!住宅ローンランキング形式で今一番お得な銀行を教えます!金利や手数料などをしっかり比較して、本当にお得な銀行をピックアップ!ランキング形式ならあなたにぴったりな住宅ローンがすぐにわかる!当サイトの住宅ローンランキングでおすすめを選べば後悔したり失敗することはありません。


特集記事へ

住宅ローンランキング!(2016年9月 金利比較最新版)

金利ランキングの賢い使い方とは?

相談
金利や手数料、保証料や団信生命保険、繰り上げ返済など住宅ローン選びでは比較しなければならないポイントがたくさんあるため、一般の方にとって本当にお得な銀行を見つけ出すのは至難のワザ。

 

そんな時に役立つのがランキング形式で各銀行を比較してあるサイト!

 

ランキング形式ならあなたが一番欲しい情報もすぐに見つかるし、どの金融機関が優れているのかも一目瞭然。

 

時間をかけずに今一番お得な銀行がすぐにわかるのがランキング形式の一番のメリットなのです。

 

広告や宣伝で一見お得に見えた銀行もさまざまなポイントを比較すると実は結構損をしてしまうということも実際にありえます。あとあと失敗したと後悔しないためにもランキングを活用してください!

 

また借り換えでお悩みの方も現在の水準ならお得になることが多いはずです。借り換えランキングももちろん用意していますので是非活用してください。

 

実は住宅ローンランキングから銀行を選ぶ際には金利比較が重要になるのは当然ですが、大事なポイントはそれだけではありません。

 

特に現在はいわゆるアベノミクスの効果によって円安と株価の上昇がみられます。

 

これまでは住宅ローン金利は一貫して下がる傾向にあったため、変動タイプが人気となっており、ほとんどの方が変動タイプを選ぶという状況がありました。

 

しかし、株価が上昇し景気が良くなってくるとその状況も変化してきます。変動タイプを選ぶ場合には特にこの先の動向に注意しなければいけません。

 

これまでの推移と今後の動向を考えた時、ベストな選択は何なのかを考えなければいけないのです。

 

これまでは株価が上がるとそれに遅れて住宅ローン金利も上がっていくという傾向がありました。

 

現在はまだはっきりとしたその傾向は見られません。この先消費税率のアップも控えています。

 

低水準のいまだから長期固定タイプを選ぶべきなのか、それともまだ低いうちは変動タイプを選んでおいて、将来的に借り換えで対応したほうがいいのか多くの方が頭を悩ませるはずです。

 

そういったことも踏まえて、条件の良い銀行を選ぶことがこれまで以上に大切になります。

 

当サイトの住宅ローンランキングでしっかりと銀行比較を行って、この先も損をしないようにしていきましょう。

住宅ローン金利の比較方法は?

イメージ
多くの方が銀行比較を行って最も条件のいいところを探しているのではないでしょうか?

 

それぞれの金融機関が住宅ローン金利を決めています。

 

その為、同じタイプの場合は大きく差が出ない事が多く繰り上げ返済や借り換えの条件など付加価値をアピールする商品も少なくありません。

 

大きく変わってくる部分としては固定型(5年~50年)と変動型(0.5年~2年)になると同じ金融機関でも違いが出ます。

 

ネットバンクは全体的に条件がよく現在は一番のおすすめになります。ネット銀行ならではのサービスは他ではなかなか得られません。

 

現在インターネット上には比較したサイトが多く存在します、そういった比較サイトやランキング形式で選べるサイトを利用する事は必須の手段の一つです。

 

ただしサイトの更新状況などを確認して最新の情報でないと意味がないので注意が必要です。

 

H23年12月までの申し込みまでという期限と予算の上限がありますがフラット35は条件を満たすと10年間金利を1.0%優遇することが決まっています。

 

上手く利用すれば変動型に近い低さで借りられるので近々家を建てる予定のある人にはオススメです。

 

それぞれの商品を比較するには最終的な返済額をシュミレーションして総支払い額や返済期間などを細かく分析する事が大事になります。

 

そういった手間を省いてくれるランキング形式の当サイトを活用してください!

住宅ローン金利比較の重要性とは?

イメージ
住宅ローン金利はどの金融機関でも毎月見直しが行われます。そのためランキング形式での比較が絶対に必要なのです。これから先は金利が次第に上がっていくだろというのがこれまでの大方の見通しでした。

 

しかし、アメリカのサブプライムローンから始まった金融不安は世界的な広がりを見せ、金融機関の資金調達にも影響が出始めています。そのため日本においても実質的にはゼロ金利政策が復活しています。

 

一般的に不景気時は公定歩合が下がるために金利も下がるといわれていますが、今回の場合、金融機関によってその対応に違いが出始めています。銀行だけを比較してみてもインターネットバンクは徹底的にサービスを向上させるなど戦略に違いが見られます。

 

全体の傾向としては資金繰りの悪化で、多少上がるのではないかという観測が多く、しばらくは上昇傾向が続く可能性があります。また日本の国債の格下げによって長期プライムレートの上昇が予測されるなど状況は予断を許しません。

 

現在まさに借り入れを検討している方はもっともっと安くなるかもと先延ばしせず、今の水準で比較検討を進めて早急に決めてしまうことをおすすめします。

 

またアベノミクスと呼ばれる経済戦略によって、長期的にみると今後は上昇基調になることが予想されます。

 

当サイトは住宅ローンの金利にこだわり徹底的に比較して優れた銀行をランキング形式でご紹介しています。あなたのお力になれるよう研究を進めていきますのでどうぞよろしくお願いします。